税金対策にもなる一棟売りアパートの投資【失敗しない方法を知る】

レディー

不動産賃貸を副業で行う

集合住宅模型

家賃収入を得る際、ワンルームマンションへ投資する方法があります。ただ借りる人がいないと空室となり、収入を得られなくなってしまいます。その時に便利なのが家賃保証です。このサービスを受けることで、何かあったときにも収入が不安定になることはありません。

もっと見る

最初の1歩として

マンション

マンションを購入するときは、必ずマンション管理が適性にされているかどうかを確認することが大切であり、入居者がすぐに入るかどうかの分かれ目でもあります。マンションの人気があるかどうかの判断に、マンション管理で具体的にどのようなことがなされているのかを知ることである程度把握することができます。

もっと見る

不動産経営の肝

つみき

利益を得ようと不動産経営を行なう際には、賃貸管理が重要となります。空き室が多いと収入が減ってしまい、経営に影響が出てしまいます。そのため、空き室管理がきちんと行われているところを選ぶことが大切です。

もっと見る

節税のための不動産投資

男性女性

節税と収益性の重要性

中古で販売されている一棟売りアパートに着目して不動産投資を行うことにより節税を行うのはよく行われるアプローチです。耐用年数が過ぎてしまっているアパートを購入すれば最短で四年間で減価償却を行えるため、必要経費を大きくして大幅な節税を行えるのが魅力になります。減価償却費が高いことを優先して一棟売りアパートを選ぶことが多いですが、その際に欠いては鳴らない視点があるので注意しましょう。あくまで不動産投資では家賃収入が安定して得られなければトータルで損失になってしまうリスクを抱える投資です。減価償却費の高さに目がくらんでしまって収益性を考慮するのを忘れてしまわないようにしましょう。両者を兼ね備えているのが理想的な一棟売りアパートです。

繰り返して不動産投資

節税を行う目的で一棟売りアパートを購入するときには繰り返して不動産投資を行うのが効果的です。古いアパートを購入して減価償却費を最大限に活用すると四年間しかまともに節税ができません。しかし、その後にまた新たにアパートを購入すればさらに四年間の節税が実現できます。必ずしも四年間で減価償却費を消費しきる必要もないため、計画的に何年で減価償却を行うかを決め、それに合わせて次の一棟売りアパートを探すというサイクルを作ると継続的な節税が可能です。収益性も考慮してアパートを選んでいれば最終的には大きな家賃収入をずっと得ていくことができるようになるため、不労所得だけで生活できるようになるのも夢の話ではないでしょう。