不動産経営の肝|税金対策にもなる一棟売りアパートの投資【失敗しない方法を知る】

税金対策にもなる一棟売りアパートの投資【失敗しない方法を知る】

住宅模型

不動産経営の肝

つみき

空き室管理の方法に注意

賃貸による不動産経営をするのならば、賃貸管理は非常に重要なポイントです。賃貸管理は非常に煩雑で大変であり、個人では限界もあるため、たいていの大家は賃貸管理会社に業務を委託します。不動産経営がうまくいくかどうかは、賃貸管理会社によって変わるといっても過言ではありません。賃貸管理には様々な業務があります。入居者の募集、家賃回収、滞納家賃の督促、リフォーム、新規契約の処理、クレームやトラブルの対応などです。特に重要なのは空き室管理です。買い手、借り手市場である昨今は、空き室をいかに埋めるかが非常に重要です。空き室が長ければ当然収入減につながり、経営も危うくなってきます。どのように募集するか、入居率は高いか、入居率の算出方法は何かなど、複数の点で確認して選びましょう。

サブリースと集金代行業務

賃貸管理会社にも、集金代行業務を行う会社と、サブリース契約を行う会社があります。この両者の違いと特徴を知っておくことは非常に重要です。集金代行業務とは、いわゆる普通の家賃回収方法です。入居者から家賃を回収し、手数料をひいた額を大家に渡します。大家に渡る額は比較的多くなりますが、空き室があるとその分が減収となるため収入は安定しません。サブリース契約とは、空き室分の家賃も賃貸管理会社が保証してくれるシステムです。その分家賃は相場より安くなりますが、安定した収入を得ることができます。ただし、家賃は年々下がっていくことが多いので長い目で見るとどちらがお得かはわかりません。違いをよく知って選ぶとよいでしょう。