不動産賃貸を副業で行う|税金対策にもなる一棟売りアパートの投資【失敗しない方法を知る】

税金対策にもなる一棟売りアパートの投資【失敗しない方法を知る】

住宅模型

不動産賃貸を副業で行う

集合住宅模型

不動産を所有して家賃収入を得たいと考える人は多いです。マンションを建設するという方法もありますが、マンション1棟を自分で建設するには、多額の資金と多くの労力が必要です。ワンルームマンションへの投資はマンションの1室からできるため、多額の資金は必要としません。ワンルームマンションへの投資は簡単なサイドビジネスですが、空室や滞納などのいくつかのリスクがあります。空室リスクは購入したワンルームマンションが空室となることです。賃借人がいない場合には、家賃収入が入ってこなくなるため、何らかの対策を講じる必要があります。

不動産賃貸業を行う場合には、賃借人の募集、物件の管理や補修などを行う必要があります。ワンルームマンションの仲介や管理などを専門に行う不動産業者は多数います。賃貸人の募集や物件の管理は、専門の不動産業者に依頼することが効率的です。空室のリスクに備えて家賃保証を行う不動産業者もいます。家賃保証はサブリースと云われており、実際の賃貸人の有無にかかわらず不動産業者が家賃を保証するものです。家賃保証を行うことで安定的に不動産賃貸収入を得ることが可能となります。ワンルームマンションへの投資を行う場合には、不動産業者と家賃保証の期間などの条件を話し合う必要があります。不動産賃貸業で収支が赤字となった場合には、所得税の確定申告を行うことで給与所得との通算により所得税の還付を受けることができます。